家を建てて3年、振り返って思うこと

工務店

3年前に家を建てました。地元の工務店にお願いする方がわりと融通がきくという噂を聞いて、チラシなどを参考に工務店さんを選びお願いをしました。

家を建てる前は、図面で家の様子を想像することしかできなかったので、実際に住んで生活してみると、あの時、こうすればよかったと思うことがちょこちょこ出てきます。(予算との兼ね合いもあるので、できる範囲というのがありますが。)

一つ目は、既に1年前に作って頂いて快適になったのですが、「収納スペース内のコンセント」です。家の中の階段下に収納スペースがあります。

扉がついていて、わりと背丈のあるものも収納できるようになっています。しかし、幅はそこまでありません。その階段下の収納スペースにハンディクリーナーを充電する場所が欲しくなりました。

小さな子供のいる我が家では充電をどこでするかが課題となっていました。ハンディクリーナーの充電に至っては、携帯みたいに小さいわけではないので置き場に困るし、使う少し前に充電しないと長く使えません。

昼間子供の食べこぼしを掃除する為に使用したいため夜間に充電するわけにもいかず、この収納スペース内のコンセントがとても役に立っています。

二つ目は「洗濯物を干すスペースの確保」です。我が家は2階建てで、階段を上がると玄関との吹き抜けがあり、2階窓から玄関に光が入るようになっています。

その横に子供部屋のみという小さな作りです。階段を上がってすぐのところに重量のある洗濯物も干せるポールをつけてもらいましたが、それだけでは足りません。

今は子供部屋に洗濯物を干していますが、将来子供が大きくなったらそういうわけにもいかなくなるでしょう。

家を建てる時に「2階の吹き抜けスペースを狭くして洗濯物を干す場所も若干作れますが、吹き抜けスペースが狭くなり、玄関に入る光の量が少なくなりますがどうしますか?」と聞かれました。

その時はいまいちイメージができずにいたのですが、吹き抜けを狭くしてでも、若干の洗濯物を干すスペースを作ればよかったと本当に後悔しています。(こればっかりは、実際住んでみないとわからないので仕方ありませんが、もし洗濯を干すスペースをとったと仮にイメージしてみても、作ったほうが良かった!と思うので・・)

三つめは「外の水道」です。我が家の水道は、蓋がありその中に水道をしまうことができる仕組みになっていて見た目すっきりとしているという利点があります。

しかし、なぜかその蓋の中に蜘蛛が巣を作り、溜まってしまうという状態になってしまいました。

蜘蛛を外に出したくて蓋を開けていると、今度はタンポポの種が入ってしまい、草取りもしにくい場所にタンポポが生えてしまうという状態になっています。

外に出た状態の水道をつければよかったと後悔です。

欲を言えばもちろん他にもありますが、それは金額との兼ね合いがあるので我が家には無理な話です。でもこの3点が今振り返ってよく考えればよかったと後悔する点です。

しかしながら、予算の範囲内で本当いいお家を建てて頂いたと、工務店さんには感謝しています。

住んでいる地域にもよると思いますが、もし一戸建て建設をお考えの方は参考にして頂けたらと思います。