料理の天才?!息子の才能を発見

料理の天才?!息子の才能を発見

離婚して2年。

小学生の息子がいます。いつも私が料理しているのを面白そうに横から見て、たまに「手伝わせて!」と言います。

人参を洗ってもらったり、生姜をおろしてもらったりしていたのですが、高学年になって家庭科で包丁を使うこともあったようなので、先日包丁で柔らかい厚揚げを切ってもらいました。

綺麗に切れたので、今度はきゅうりを切ってもらいました。きゅうりも上手に切れて、野菜を自分で切って食べられるくらいになったのかと少し感動しました。

ある日、家でホームパーティーをすることになり、我が家が会場になったので朝から準備をしていました。

子供のムダ毛の悩み

すると息子が手伝いに来てくれたので、切ったきゅうりやクリームチーズ、生ハム、イクラやディルの葉っぱなどをスティックで刺した前菜を作るのでこんな風に作っていってね、と見本を見せました。

スティックも先が尖っていないし特に危ないものもないので隣で作業をしていました。そして息子がママーできたよーと見せてくれた光景に私はびっくりしました。

私はスティックを使っていたのですが、上手にクリームチーズの周りに生ハムをまいて、中にきゅうりといくらをのせて、なんともおしゃれなフレンチのような前菜が人数分出来上がっていたのです。

「この方がおしゃれでしょ?」という息子に私は天才だと思いました。

グチャグチャと触った後もなく、もう一度作ってもらうと実に手際よく作っていくのです。

「ずーっとママが料理するのみてて、やりたくてむずむずしてたの。」そう言いました。

これからの息子の才能の開花が楽しみです。