子供の意見を取り入れて

私の経験を書かせてください。
我が家は男児と女児の2人の子供がおります。
幼少期の事になりますが、振り返ると実に大きな影響を残してくれました。

上の子供が、現状ある部屋を有効に使ってくれて、母親である私に有効にスペースを利用する方法を教えてくれてことになります。
6畳・6畳の二つの部屋を壁を抜いて、12畳の部屋にしていた大部屋がありました。
そのスペースを子供部屋にしようと思ったのですが、私には名案がありませんでした。
子供が巣立った後を考えて、余り費用をかける事はしたくなかったのですが、息子から仕切りがわりにレイアウト自由な家具を間仕切りにしないか?という意見がありました。

当時5歳の子供としては、振り返ると名案だと思いますが、子供の遊び心が形になりました。
きっと、大人だとひらめくものではなかったのかもしれませんね?リフォームしないと。
子供ならではの、発想でしたが、案外いいかも?でやってみました・・・

12畳の真ん中に、空間が沢山あり、その空間に置物を置いたりする家具を置く事にしました。
その空間は、兄と妹それぞれに好きな物を置いていました。
また、空間がある事によって、壁とは違った意味でお互いの気配を感じる事が出来て、当時は小学生と幼稚園児であった兄と妹にとっては実にいい空間の利用になっていたのです。

親の私にとっては、将来的に大きな部屋のままで利用したかったこともあり、成長するまでの数年間はお互いにこの空間演出で過ごして貰えた事はとても、金銭的にも将来の部屋の利用を考えても合理的でありました。

また、この大活躍して空間のある家具の存在はとても助かりました。
まさか、この家具がこんなにも有効に長い間活用出来るとも思ってもみませんでした。

きっと、当時5歳という年齢であった男児の秘密基地的考察力からの空間演出だったのでしょうね。とても大人の頭では考えもつきませんでした。