祝マイホーム。洗面所のタイルは自分達で!

マイホーム購入

初めてのマイホーム。素敵な素敵なマイホーム。

私たちはリノベーション費用にお金がかかり、洗面所のタイル貼りは自分達で行いました。

だって、ネットでもみんな旦那様が頑張って貼っているとの奮闘記事をたくさん目にしていまから。
私たちにだってできるはず。
せっかくのマイホーム、予算は掛けられないけど、素敵なお家にしたいもん!
残った予算は外構やインテリアにも回せるし、IHの鍋などの買い替えにも必要だし。
施工費、削れるなら削ります!

洗面タイルはみなさん貼ってるからネットで貼り方を研究しました。
ネットで可愛いタイルも選んで、施工日には現場監督さんに来てもらい、やり方を教えてもらいました。
旦那は不器用だからなかなかうまく理解できていなかったみたいだけど、そこは三人寄れば文殊の知恵!なんとか私と子供であーじゃない、こーじゃないと大騒ぎしながら形になっていきました。
目地を塗るころにはもうバテバテで、なんで自分達でやろうといったのか後悔しはじめました。
目地は黒にしました。黒は汚れが目立たないからきっとオススメです。タイルに黒の目地を塗るのは勇気がいりましたが、もうやけくそです。だってやらなきゃ終わらないんですから。

そして乾いたころにはみ出しなどを綺麗に拭き取り、1日乾かしてまた拭き取りで、しっかりした洗面所のタイル貼りが出来上がりました。
見栄えはまあまあ。まあ、これはプロにやってもらうに越したことはありません。でも家族みんなで取り組んだっていう形が残ったので、大満足です。

きっとこの先何年も経った頃、この洗面所のことを懐かしく思うことがあるでしょう。
娘に朝シャンできる最新の洗面台をせがまれるでしょう。並びが歪んだタイルにムカつく日もあるでしょう。
でもその全てが私たちの良い思い出になるでしょう。
建売じゃなく自分達が少しでも手を入れたことで、愛着が何倍も何十倍も違います。そんな思いを全て娘たちに代々と受け継いでいって欲しいと思っています。